2009年12月18日

涙が…

涙が… 今日は、デビュー当時からお世話になっている方々に年末のご挨拶に伺いました。
 会話の中で今年一年間で、どのステージが一番印象深かった?という話題になりました。
 私にとってはどのステージも大切で想い出深いのですが、やはり…ふぁんくらぶ発足式のひとときが今でも忘れられません。
 自分を応援して下さっている皆さんに包まれて歌えることが、どれだけ幸せなことか…、思い出すだけでも胸が熱くなってきます。
 来年は、皆さんとご一緒に過ごせる時間を増やせたらいいなぁと思っています。
 色々な企画やアイデアを、ふぁんくらぶスタッフさんと相談しながら実現できるよう努めていきます。
 さて写真は、今日の夕焼けです。
 眺めていたら、自然に涙が流れてきました…。
posted by 由紀乃 at 23:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>由紀乃ぴょん

由紀乃ぴょんの一年はどうでしたか? 様々な事が走馬灯の様に由紀乃ぴょんの頭の中で蘇った事でしょうね 来年は色んな事にもチャレンジの一年であって欲しいです
Posted by アルテミス丸秘 at 2009年12月18日 23:26
♪♪由紀乃さん!!こんばんは♪♪

お世話になっている方々に
年末のご挨拶ですか。
もうそんな時節ですか。
一年はあっと言うまです。
そう早く感じるのは、
私だけでしょうか。

写真の、今日の夕焼け素晴らしい
シャッターチャンスですネ。
私も近くの土手から夕陽を
眺めるのが好きです。
涙が流れてはきませんが…。
由紀乃さんの心やさしい
感受性でしょうか。

寒さ、厳しき折、
ご自愛下さいませ。
Posted by よし坊 at 2009年12月18日 23:32
泣きたい時はうんと泣きなさい。そう言う自分は思い切り泣いてないなぁ。歌っている時、泣くのを堪え、声が上擦る時があるけど、子供のように思い切り泣いてみたい。泣けるのは羨ましい。
Posted by 演歌虫 at 2009年12月18日 23:37
おはようございます。寒いですロングブーツ 写真の夕日都内らしいけど何処なのかな?
今日は・順の家・で一足早いクリスマスパーティーです
もし時間があったらよってみてください。賑やかなおばさんやおじさんたちが、騒いでいますk
Posted by くすちゃん・順の家・ at 2009年12月19日 06:02
☆由紀乃姫☆ おはよう〜! 今朝は「雪の」予報であったが…降ったのは山でござる。
もうすぐ日の出ですじゃ。 一年…光陰、矢の如し。 姫との想い出は、新鮮じゃよ。 夢のようでござる。 ☆姫…偶然でござるです。爺は、18日、朝7爺に、日の出を写真撮影したですじゃ〜! 姫の夕陽は…ロマンチックですじゃな〜!
爺は仕事に行くです。
Posted by きこり爺 at 2009年12月19日 06:58
由紀乃ちゃん夕焼けを眺めて何を思い出したのですか。冬の太陽は心を温かくしてくれますが。沈む太陽は何かさびしいですが。涙がながれるとは悲しい時の事を思いだしたのですか。それとも嬉しいことですか。一年で印象深かった事がふぁんくらぶ発足式とのこと私もこの事は頭の中にしっかり入っています。ふぁんくらぶが゜出来ることにより由紀乃ちゃんの歌にたいする取り組みも変わり皆さんの励ましにささえられこれからも飛躍する事と思いますよ。そして私としてはふぁんくらぶでの秩父旅行で由紀乃ちゃんとデュエツトで歌つた(ふたりの大阪)が今でも頭の中に浮かび今年の最高の思い出にのこります。来年も前進して変身してお客様を包み込み楽しいおしゃべりで頑張り私は(由紀乃ちゃ〜〜〜ん)で頑張って応援させていただきます。宜しくね。
Posted by 満月照雄 at 2009年12月19日 07:29
 「光陰矢の如し」といいますが、一年経つのは早いものですね。
矢が飛ぶように時間が過ぎていきます。今年もあとわずかとなりましたね。
 アップされた、夕焼け写真綺麗ですね。
我が地元の海岸で、富士山を背景に東京湾に沈む夕日が見られます。とても綺麗ですよ。
 >満月さん、秩父旅行で由紀乃さんとデュエットされたのですか。良い思い出になりましたね。羨ましいで〜す。
Posted by 菜の花っ子 at 2009年12月19日 08:50
光陰矢の如しという位、一年は早く過ぎてしまいます。子どもの時は一年一年がとても長く感じていました。“20歳越えると早いよー”なんて本当。藤あや子さんが、村勢真奈美時代にふたり川という石本美由紀船村コンビの楽曲に♪大事な若さ無駄にはしない♪という歌詞があるのですが、耳にしたときに「これは私の好きな言葉にしよう」と思ったのです。特に今の雇用も影響しているからだと思いますけど、大事な若さは無駄にしたくない、そう思うと涙を流せたらどれだけ気が楽になるか、それは思います。大事な若さゆえ。
Posted by しもたん at 2009年12月19日 09:49
おはようございます、由紀乃さん。私にとっても、ファンクラブ発足の日の由紀乃さんのステージは大切な思い出になっています。あの日の数々のうた、みな素晴らしく感動的でした。また身近に由紀乃さんとお会いできる日を楽しみにしています。あの日の鈴は、とても幸せな音色をしていますよ。
Posted by ひまぽぽ真由美 at 2009年12月19日 10:49
 ◆続けられる事の幸せ

 こんばんは。
 真っ盛りの上野の桜、見事でしたよね〜。
そんな桜に負けないほどの目映い姿の由紀乃ちゃん。
オッ、なんだなんだ? だれだだれだ?
行く先々で、花見客の皆さんにも大好評でしたよね。
 場所をホテルに移しての、ふぁんくらぶ発足式。
腕を伸ばせばこの手に届く、そんな優雅な時間を過ごせた事は、
私にも今年最高の贅沢なひと時でした。
 来る年も、その翌年も、そしていついつまでも・・・
ファンのひとりとして、声援を送り続ける事ができれは幸せです。
Posted by 白河 at 2009年12月19日 20:11


すみません。
HNの、っ子 が抜けてしまいました
Posted by 白河っ子 at 2009年12月19日 20:14
場所的に、これからも、なかなかツアー等のイベントには、容易に参加は難しいかも知れませんが、今日のぶろぐの内容、会員の一人として、とても嬉しく思います。以前にも何回か、夕陽や夕焼けを見て、涙を流されているようですが、これは悲しいとか辛いとかの涙ではなく、むしろ嬉しい気持ちというか、幸せな気持ちの表われの涙のように思えます。もしも真横にいたら、キャンペーンやライブ等でお逢いした時のように、愛おしくて、又、抱きしめたくなっちゃいそうです。(笑)
Posted by 橋もっちゃん at 2009年12月19日 20:32
由紀乃ちゃん、おばんです!長年からとそれに日頃お世話になられている方々へのご挨拶は大切にしたいですね。由紀乃ちゅんのお人柄からいいものですね。そして今年は念願のふあんくらぶの発足で、より由紀乃ちゃんとふぁんの皆さんとの繋がりが強くなりました。今後も結束を深めて成長していきましょう。これからの企画を楽しみにしております。
Posted by お便り伸ちゃん at 2009年12月19日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135995606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。