2009年09月29日

『宮路オサムのラジオは545』

宮路オサムさん、幡千恵子さんと 今日は、茨城放送『宮路オサムのラジオは545』の収録でお世話になりました。
 番組進行はもちろん、大先輩の宮路オサムさん! 以前、新宿コマ劇場でのイベントでご一緒させていただいた幡千恵子さんがアシスタントをされていて、収録中はとってもイイお話に胸がいっぱいになりました。
 「歌は上手く歌おうと思わなくていい…イイ歌をうたえる歌手が一番なんだよ」
 宮路先輩は今でもこの想いを大切に歌っていらっしゃるそうです。素敵だなぁ…って思いました。
 帰り際に、イイ歌がうたえる日まで頑張りますと宮路先輩にお伝えしたら「頑張ろう!」て言って下さって涙が出そうになりました。
 収録中もとっても楽しくお話しさせていただいたので、お聴きいただけるエリアにお住まいの方は是非!聴いて下さいね。
posted by 由紀乃 at 23:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮地オサムさんの言う通り、歌は上手く歌おうとしたら駄目ですね。プロ歌手は上手いのが当たり前で、いい歌を歌う事ですね。でもオサムちゃん(失礼)痩せましたね。ステージで何度か観ましたが心配です。でもオサムちゃんの歌は味が違う。ステージでは細くなった身体でも風格はありますものね。個人的に好きな歌手です。由紀乃さんは幸せです。大先輩歌手から色々、学ぶ事あるし、自分の心に吸収しようとしていますから。演歌虫はそう思います。
Posted by 演歌虫 at 2009年09月30日 01:30
>由紀乃ぴょん

さすが宮地先輩ですよね!! やっぱお目が高いって言いますか 歌う姿勢をしっかりと見極めて行く… 若手 中堅 ベテラン そして大ベテランへと一歩づつ味わいのある歌手でありたいですね
Posted by アルテミス丸秘 at 2009年09月30日 01:46
由紀乃さんへ。

おはようございます。
宮地オサムさんは、
素敵な言葉を、
発して下さいましたね。
今日も良い一日を!

失礼致します。
Posted by からすや. at 2009年09月30日 06:27
茨城放送での収録は茨城まで行かれたのですか。先輩の宮路さんとのお仕事宮地さんからいろんな話を聞かれたことと思います。うまく歌わないでという事そうですね。いい歌を誰が歌っているのと言われたほうがいいですよね。自然にその人の個性を出して歌えば良いのではないでしょうか。これからも皆さんに長く愛される曲も沢山歌ってくださいね。由紀乃節で頑張って下さいね。
Posted by 満月照雄 at 2009年09月30日 07:46
 大先輩の宮路さんから、イイお話が聞けてよかったですね。
由紀乃さんは、素直な心を持っているように思うので、先輩や、他の人の言う事を受け入れられるんですよね。素直な心は寛容な心で、人を成長させるし、人に感謝も出来るし、前向きに生きることが出来るのだと思います。
 宮路さんは、元、殿さまキングスのメンバーで、「なみだの操」という曲が懐かしいですね。独特の節回しで物まねされる方が、語尾に「ンニャ〜〜」とつけていたのが、面白かったです。
Posted by 菜の花っ子 at 2009年09月30日 10:14
宮路オサムさんは、最近、テレビで何回かお見かけしましたが、お若い頃も今も、殆ど雰囲気が変わってらっしゃらなくて、とても楽しくて、温かい方というイメージがあります。さすがに大先輩、いいことおっしゃいますね。今の由紀乃ちゃんは、いいと思えることは、どんどん吸収して、ご自分の歌に生かしていこうと思ってらっしゃるようなので、とても前向きでいいことだと思います。先日のステージで、頭の中が真っ白になるハプニングがあったと、ぶろぐに書かれていましたよね。行かれた方のコメントを拝見した時に思ったことなんですが、ご自分の歌を歌って下さった方々に、嬉しい気持ちと、誠意を示そうとされたお気持ちはよくわかりますが、少人数ならまだしも、結構多人数だったので、やはり無理をされたんじゃないかなって思います。そのしわ寄せが、頭の中が真っ白になるハプニングに繋がっているように思われます。由紀乃ちゃんが、いい加減なレッスンでステージに臨まれるなんてことは、まずは考えられませんものね。「浮世草」のキャンペーンの時にも、同じパターンで、同じようなハプニングが起きているので、そう感じました。人間、一つのことに、あまりにも集中し過ぎると、どうしても他のことでマイナス面が出て来てしまうように思います。
Posted by 橋もっちゃん at 2009年09月30日 20:47
由紀乃さん、こんばんは。

我が茨城に、ようこそ!
アップ頂いた画像を拝見し去年、福島放送のラジオ番組公開収録の応援にお邪魔した時の事を思い出しています。

通常のライブイベントとは違う生放送ならではの緊張感が感じられスタッフの方々のきびきびした動きとともにガラス越しに見えるマイクを前にした由紀乃さんが、とても新鮮でカッコ良く印象に残っています。

病を得て入院生活を余儀なくされた私にとってラジオは掛け替えの無い大切な癒しのツールでした。

おそらく、私がカキコしている今の時間でも入院されている多くの方々がイヤホン越しに好きな歌や番組を聴きながら気持ちを紛らせ再起を期しておられると思います。

入院されている方々同様、放送を楽しみにしております。収録お疲れ様でした。
Posted by 潮来の伊太郎 at 2009年09月30日 20:53
茨城放送のラジオ番組ご出演お疲れ様でした。大先輩で長い事歌の道を歩かれた宮路さんのお言葉重く感じられますね。聴く側としてはあまり譜面どおり上手に歌われるとちょっとひいてしまう事もありますね!やはり歌われる方の個性といいますか味が感じられるといいですね☆由紀乃ちゃんの歌からも由紀乃ちゃんならではの味があり心を癒していただいています♪♪
Posted by kimiko at 2009年09月30日 21:50
由紀乃ちゃん、おばんです!茨城放送でのお仕事お疲れ様でした。宮路さんはとても面白くて楽しい番組だったと思います。アシスタントの幡さんと由紀乃ちゃんを交えての番組ではどのようなお話で盛り上がったのでしょうね。

由紀乃ちゃん、宮路さんから色々なことでとてもお勉強になられたでしょう。今後も歌唱により磨きが付きますね。残念ながら拝聴する事が不可能ですけど、きっと和気藹々の番組だと想像しております。
Posted by お便り伸ちゃん at 2009年09月30日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。