2011年01月10日

アルバムのレコーディング

レコーディング完了。 アルバムのレコーディングが無事に終わりました。
 今日産声をあげた作品のタイトルは…「濃姫」と「細川ガラシャ」です。
 皆さんの予想はいかがでしたか?
 歴史の好きな方にはお馴染みの女性たちだと思います。
 実は私、名前だけはお二方とも知っていましたが、どのような人生を歩んできたのかは、本や雑誌を読んで勉強しました。
 濃姫は織田信長の妻で、細川ガラシャは明智光秀の娘にあたり細川忠興の妻。
 歌詞に出てくる言葉や台詞は、その時代の独特な言い回しなので、滑舌をよく、自分自身が姫君になりきって挑みました。
 スタジオでは、作曲をして下さいました宮下健治先生はもちろん、アレンジをして下さいました池多孝春先生も最後まで立ち会って下さって、色々とアドバイスをいただけました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。
 ところで、この2作品は木下龍太郎先生の作詞で、先生がお元気な頃に書き上げて下さっていたものなんです。
 今日はいつも先生が座られる場所に、先生のお好きだった飲み物を置いて、レコーディングが終わってからは木下先生の話に花が咲きました。
 先生も天国で喜んで下さっていたら嬉しいなぁ…。
 今回の作品、とにかく多くの方に聴いていただきたいです!
 3月9日発売ですので、応援よろしくお願いいたします。
 今日お世話になりました、池多先生、宮下先生、湊ディレクター、滝川さん、松山さん、そしてたくさんのミュージシャンの皆さま、ありがとうございました。
posted by 由紀乃 at 21:29| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。