2009年09月08日

時の流れ…

時の流れ… 最近、過去のある時代がクローズアップされている映画作品が注目を浴びていますよね。
 先日公開された、草K剛さん主演の『BALLD 名もなき恋の歌』は、とても気になっている作品なんです。身分違いの恋…。今という時代にはあまり考えられないことですよね…。だからこそ、その時代背景を大きなスクリーンいっぱいに感じられるので、近いうちに時間を見つけて観に行きたいと思っています。
 これから公開される作品では、 小栗旬さん主演『TAJOMARU』、松山ケンイチさん主演の『カムイ外伝』は殺陣はもちろんですが、美術にも注目です。
 なぜ、今になって時代物なのだろう…?
 やはり古きよき日本を一番綺麗に表すことができるのが、その時代なのかもしれませんね。
 女性の場合は、自分の意思とはうらはらにお家の為に自身が人形のような役目にならなくてはいけないこともあったでしょうが…(これは私自身が歌ってきた戦国時代の女性を主人公にした歌のお蔭もあるでしょうけれど…)。
 こうした作品を鑑賞して、いま自分がいられるこの時代をとっても有難く思えるような…、そんな気がしている私です。
posted by 由紀乃 at 23:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。